犬が出てくるドラマ・映画・マンガ感想まとめ

犬が出てくるドラマ、映画、マンガ、CMなどの感想を集めました。一部ネタバレあり。(感想文の前に「ネタバレ」の一文をつけています。)

「まっすぐにいこう」集英社

まっすぐにいこう

「まっすぐにいこう。」(集英社)は1991年にコミック誌「マーガレット」で連載がスタートしたマンガ作品。1993年から「別冊マーガレット」にうつり、2002年からコーラスで連載されています。2000年に、第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。現在も不定期で連載中。

>>【電子書籍】楽天詳細はこちら

 

 

「まっすぐにいこう。」では雑種のマメタロウが登場

 

主人公いくちゃんが大好きな雑種のマメタロウ。出会いはペットショップでいくちゃんが一目惚れ。いくちゃんと楽しく生活をしていたマメタロウ。

 

そんなとき、毎日のお散歩中に、いくちゃんが公園でうつむき足早になる瞬間が!それは、片想いの秋吉が座っているベンチの前。そんないくちゃんの気持ちに気づいたマメタロウは、恋のキューピッドとなり、いくちゃんと秋吉は恋人となりました。

 

が、やはり、いくちゃん大好きなマメタロウは秋吉が気にくわないので、土をかけたりしてしまうことも。そんな飼い主に従順で単純なマメタロウが本当に可愛いです。

 

そして、マメタロウだけでなく、ご近所のわんこもたくさん登場します。紀州犬のはなこはマメタロウの彼女。マメタロウは首輪をぬいて、はなこのところへ通っています。はなこはメロンパンが大好き。はなこはとっても穏やかで優しいです。ちょっぴり体が大きめなことを気にする乙女なところがまた可愛い!

 

可愛いかわいいわんこ。というだけでなく、現実的な問題も書かれています。シベリアンハスキーの源さんは、声がうるさいと飼い主の元から、北海道の知り合いに譲り渡されます。最後まで育てられなかった元飼い主の葛藤や、迷惑をかけてしまったという源さんの気持ちに胸が締め付けられます。安易に生き物を飼ってはいけないという教訓にもなります。

 

源さんは、北海道で犬ぞりに挑戦したり、プードルの六花ちゃんとの純愛もして、幸せに暮らしていて、元飼い主とも和解できたので、良かったなーと、ついつい感情移入してしまったり。女の子みたいにキラキラ美しいヨークシャテリアのセバスチャンや、皮膚病から性格がちょっと悪くなってしまったダックスフントの空ちゃんもいたり、わんこにもそれぞれ悩みや性格の違いがあって、面白いです。

 

うちの犬は何考えてるのかなーと考えてしまうのではないでしょうか。

 


動物のお医者さん

動物のお医者さん

「動物のお医者さん」は、1987~1993まで白泉社で連載されていた少女マンガ。作家は佐々木倫子さん。舞台は札幌で獣医師を目指す学生の日常を描いたコメディー。万が発売当初から人気が高く、2003年に吉沢悠さんを主演にテレビドラマ化されました。

>>【DVD-BOX】楽天詳細はこちら

 

 

ハムテルの飼い犬はシベリアン・ハスキーのチョビ

 

マンガ連載当時(1887~1993年)、空前のシベリアンハスキーブームを巻き起こし、後にテレビドラマにもなった(2003年)作品です。「主役」はシベリアンハスキーの「チョビ」。当時高校生だった主人公「ハムテル」がふとしたことから赤ちゃん犬だったチョビの飼い主となります。ハムテルはそれをきっかけに獣医学部への進学を決断し、進学。一人前の獣医師となるために勉強し、成長していく姿が描かれています。

 

チョビはシベリアンハスキーということもあって、最初は子犬で登場しますが、物語の進展とともにどんどん成長し、マンガの終盤では犬ぞりのリーダーになるまでになります。大型犬であり、顔だちは「般若の顔をしている」「笑うと般若」と言われますが、性格は非常に温厚でほとんど怒ったり吠えたりすることがありません。ハムテルがきちんとしつけをしたためか、賢く、礼儀正しい性格です。

 

またハムテルによくなついており、ハムテルもチョビに篤い信頼をおいています。しかし、ふとしたことで雷がトラウマとなっており、激しく怖がるようになります。この物語は、ハムテルの進学先が獣医学部であることから、人間だけではなく、動物も重要な登場「人物」と言えます。ハムテル自身も自宅で猫やニワトリ、スナネズミなどの動物も飼っていますし、チョビはハムテルに連れられて大学にも出入りしています。

 

大学にはチョビの最初の飼い主であり、後にハムテルの指導教官となる教授や、ハムテルと関わるいろいろな教授、先輩、友人達がおり、チョビはこれらの人達、さらにはこれらの人達の飼っているさまざまな動物たちともかかわるようになります。その中でハムテルもチョビも大きく成長していく姿を楽しむことができます。犬好きな人ならば、思わず顔がほころんでしまうようなエピソードがたくさんです。

 

>>「動物のお医者さん」その他の感想


お義父さんと呼ばせて

お義父さんと呼ばせて

「お義父さんと呼ばせて」は、2016年のテレビドラマ。遠藤憲一さんと渡部篤郎さんのダブル主演。メイン出演ではないものの花澤家(渡部篤郎家)のペット犬として登場するチワワはとても愛らしくみんなの癒しになっています。

>>【DVD-BOX】楽天詳細はこちら

 

 

こわもての遠藤憲一さんになつくチワワ

 

こちらのドラマでは、遠藤憲一さん演じる主人公が婚約者のお父さんと対立しつつ、少しずつその家族と打ち解けていくお話なんですが、その婚約者家族である花澤家が飼っているチワワの太郎がとにかく可愛いんです。そのつぶらな瞳でいつも家族を温かく見守っているんですが、なんと家族と対立する婚約者の遠憲さんにいち早くなついていて、強面の遠憲さんのもとに嬉しそうにかけよっていく太郎がなんとも可愛くてたまりません。

 

遠憲さんに抱っこされている時、その小さくて華奢な身体がすっぽりおさまっていて、そんな姿もキュンとしています。太郎は毎回衣装もとても可愛いものを着せてもらっていて、今日はどんな衣装を着ているのか見るのも毎回楽しみにしていました。

 

遠憲さんの義父役の渡部篤郎さんは、落ち込んだ時などによく太郎に話しかけているのですが、そっぽを向かれてどこかに行かれてしまうことも多く、そのふんっというそっぽの向き方と去るタイミングが絶妙でそこも見ていて可愛く、笑ってしまいます。太郎の演技が絶妙なのもそのはず、じつは芸歴13年の大ベテランらしく、小さくて可愛らしい見た目とは裏腹に、もう立派な大人なんだそうです。

 

太郎はペットというよりかは、むしろ花澤家の一員という位置づけなので、ドラマでも出番が多く、かなり重要な役割を果たしています。花澤家のお母さんと太郎が同時期に失踪するお話があったのですが、その時もお母さんが見つかったことより太郎が見つかったことを喜んでいる家族がいたほどです。その時は少し笑ってしまいました。

 

ドラマやCMでは大体可愛いペットは可愛い女の子とのシーンが多い気がしますが、このドラマでは散歩も花澤家のおじいちゃんが連れていることが多かったし、なんだかおじさんとのツーショットが多く、それもまた見ものでした。今ではドラマが終わってしまって太郎が見れなくて残念です。また別のドラマやCMで太郎が見れればいいなと思います。

 


更新履歴