動物のお医者さん | 犬が出てくるマンガ

動物のお医者さん

動物のお医者さん

「動物のお医者さん」は、1987~1993まで白泉社で連載されていた少女マンガ。作家は佐々木倫子さん。舞台は札幌で獣医師を目指す学生の日常を描いたコメディー。万が発売当初から人気が高く、2003年に吉沢悠さんを主演にテレビドラマ化されました。

>>【DVD-BOX】楽天詳細はこちら


マンガの影響で大型犬を飼っています タンさん

北海道大学の獣医学部の学生の家にやってきたハスキー犬の仔犬が巻き起こすドタバタ劇が楽しくて仕方ない漫画です。面白いのは犬の方は意図的に何かをやっているわけではないのですが、同居する祖母、主人公、大学の教授や友人がハスキー犬の仔犬のやることに振り回されてドタバタしているのです。

 

また犬の行動が漫画でしかありえないような事をするわけではなく、実際に犬を飼っている人なら知っている「ある。ある。」と多くの犬がやるような行動を、初めてそれに接する人間がびっくりした様子を漫画にしているので、犬好きにはたまらないコミックです。

 

またハスキー犬の「ちび」は主人公と同じような性格というキャラクター設定で、超個性的な教授や、エキセントリックな祖母のやることを一歩引いた目線で見つめている様子がたまらなく楽しいのです。

 

実際に犬はしゃべれませんが、こんな風に思っているだろうなということを「吹き出し」で書いてあるので、そのコメントがシュールな感じでくすっと笑えます。飼い主と飼い犬が似ているということもよく言われる事なので、ここも犬好きを引き付けるポイントではないでしょうか。

 

人間の方は実際iはあり得ないだろうというキャラ設定ですが、日常、犬が見せる行動を描写しているので、そのギャップが読んでいて楽しい漫画です。同居している先住猫との掛け合いも面白いです。設定が獣医学部なので、犬以外にも猫、犬、馬、その他たくさんの動物が登場します。

 

当時マンション住まいで犬を飼ってもらえなかったのですが、この漫画が私の犬好きにより拍車をかけたのは間違いありません。以後、犬を飼う憧れは衰えることはなく、現在大型犬と生活するようになったのも、この漫画の影響も大きいと思います。理系が得意だったなら、獣医になりたかったです。