犬が出てくるドラマとか映画とか

銀牙 流れ星 銀

銀牙 流れ星 銀

1983年から1987年まで「週刊少年ジャンプ」で連載されたマンガが原作のアニメ。アニメの放送は1986年テレビ朝日系列。赤カブト編のみで終了。全21話。熊犬「銀」主演の冒険熱血青春ドラマ。犬の声を人間の声に置き換えてストーリが進みます。

>> 【初回限定生産DVD】楽天詳細はこちら


人間にも起こりうるストーリーに惹かれました【アニメ版】

子供の頃に観たアニメです。主役の秋田犬は生まれてすぐに母犬と引き離されます。そして、熊を狩るために厳しい環境の中で育てられます。名前は銀です。

 

銀の父親も熊犬として育てられますが、熊を狩る途中で事故に会いいなくなってしまいましたが、銀が大人になって再会します。たくさんの犬たちを引き連れるボスになっていた父親に少しでも近づくために、銀も犬の軍団に仲間入りします。

 

人間たちも自分達の里を熊に襲われる被害にあっています。その熊を倒すためには、たくさんの仲間が必要になるので、銀たちは全国を巡って強者たちを仲間にしていきます。他の里の犬たちもプライドがあるために、なかなか銀の下にはついてくれません。毎回勝負をして勝たなければならないので、銀もボロボロです。

 

そしてついに、熊の中でも最強のボスを倒します。たくさんの犠牲を払って、大事な父親や仲間たちも命を落としたり怪我をしていきます。このストーリーは犬が主役なので、人間はあまり出てきません。

 

しかし、犬たちの世界にも人間と同じストーリーが描かれていて、とても面白いので引き込まれます。地方の犬たちがたくさん登場するので、色んな種類の犬たちが出てきます。それぞれ性格も違って、特徴がよくとらえられています。

 

子供ながらに、悲しい話の時には涙がとまりませんでした。犬が好きな方はぜったいに面白いと思います。途中、漫画では少しエグい表現もありますが、テレビアニメではそのへんもうまく編集されているので、観やすくなっています。

 

大人になってからも観る機会があったのですが、相変わらず面白かったです。現実の犬は喋れないけれど、実際はこんなことを考えているのかなと想像すると楽しいです。