ビバリーヒルズ・チワワ | 犬が出てくる映画

ビバリーヒルズ・チワワ

ビバリーヒルズチワワ

2008年に公開されたアメリカ映画。ビバリーヒルズで暮らすチワワのクロエがメキシコ旅行中に誘拐され、サバイバル逃走するディズニーの動物アドベンチャー。監督は、「25年目のキス」のラージャ・ゴスネル。

>>【Disney DVD】 楽天詳細はこちら


セレブ感ありありなチワワが可愛い とわさん

主人公は、ビバリーヒルズの豪邸で飼われている白いセレブチワワで名はクロエです。犬なのに凄い高価なアクセサリーを付けています。。ハリーウィンストンのダイヤの首輪に、シャネルのドレスと靴を見にまとっています。それが誘拐されてしまい、シェパードや多くの犬が協力して助けます。彼女を元の豪邸に戻すまでの物語です。

 

このチワワが生意気で可愛いのです。足に靴をはいているのが、なんとも可愛いです。それが片方だけ脱げてぼやいているのが、とても面白いシーンです。あの小さなチワワガ小生意気なセレブなのが似合うのです。

 

シェパードはやはり正義の味方ですね。良くこれだけ、犬から表情を取り出せたと思います。一度セレブチワワが凄く汚れてしまうシーンがあります。その時に使用人に見向きもされないシーンが可笑しくてたまりませんでした。いろんな所に連れて行かれるのですが、その旅にぶつぶつ文句を言うのですが、小さいので嫌味に見えないのです。悲鳴が聞こえる旅に笑ってしまいます。

 

人間と同じようにセレブな生活をしていたので、佐幕を放浪して、餌を自分で取ることが出来ないでいるのが愛らしい。悠長に殺処分予定の犬に話しかけるシーンは滑稽です。野良犬にバカにされるシーンは、世間知らずのお嬢様そのものです。勇気を持って吠えるシーンは、良くがんばったねと褒めてあげたいほど、顔が可愛かったです。

 

けっこうこけていたので、骨が弱いので、撮影の時に骨折しなかったのか心配になりました。この映画でチワワの可愛らしさが、改めて広がったように思えます。服を着たワンちゃんは、見て入るとやはり可愛いです。ワンちゃんには窮屈なのですが、飼い主のわがままですね。でも、あの小さな靴をはかせてみたいですね。写真を撮る時間だけでいいから、着せてみたいです。