盲導犬クイールの一生 | 犬が出てくる映画

盲導犬クイールの一生

クイール

2004年に公開された日本映画。秋元良平さん(写真)と石黒謙吾さん(文)による写真集を原作にして盲導犬のラブラドール・レトリバーの生涯を描いた作品です。出演は、小林薫さん、椎名桔平さん、香川照之さんなど。沢口靖子さん主演でテレビドラマ化もされました(NHK)。

>>【新装版】楽天詳細はこちら


盲導犬がどんな一生を送るのかを教えてくれる映画 【映画版】

こどもの頃から実家ではラブラドールレトリーバーなどの犬を飼っていました。普段の生活の中に犬がいることが当たり前の家庭で育ちました。だからなのでしょうか、犬がドラマや映画に出ているとつい見てしまいます。

 

そんな中の一つに映画『クイール』があります。映画は盲導犬の一生を描いたものです。盲導犬としての才能に乏しいと思われていたクイールはベテラン盲導犬訓練士によって大切に育てられて立派な盲導犬となります。そして変わり者で頑固な視覚障がい者の男性と出会い一緒に生活することになります。

 

最初は歩調が合わずうまくいきませんでしたが、次第に心を通わせていくようになります。男性もクイールに愛情を注ぎ大切にするようになり、お互いが良きパートナーになります。男性の家族とも一緒に触れあうことで、家族みんながクイールを大切にして家族同様に暮らすようになります。

 

しかし、男性が持病の悪化により体調を崩してしまいます。その間、盲導犬の訓練センターでデモンストレーションの仕事をしながら男性の帰りをまっていましたが、その思いも届かず帰らぬ人となってしまいます。その後は盲導犬としての仕事を引退して、他の家族のもとで余生を過ごして一生を終えます。

 

この映画の良いところは、盲導犬がどういった仕事をしているのか、どんな人生を送るのかを私たちに教えてくれるところです。盲導犬は、一人の人と一緒に過ごす期間は実はとても短いのです。盲導犬としての仕事するまでにはその能力を試され、いくつものハードルを乗り越えなければなりません。

 

やっと盲導犬になれたとしても、その仕事はとても大変です。決して誘惑に負けてはいけませんし、人の命を預かるという大切でとても困難な使命を受け持っています。一人の人間の為に、全力でサポートしてくれる盲導犬に、この映画を見てあらためて感謝しなければと思いましたし、犬の持つ能力の高さ、そして魅力に気づかされます。

 

とくにラブラドールレトリーバーは人懐っこくやさしい犬です。この映画を通じて、ラブを知らない人にもその魅力が伝わるとおもいましたし、何より盲導犬のすばらしさを感じることができると思います。